マルガの湖畔

マルガの湖畔のブログ

11/4

実は8月末に手術しました

不妊治療で精子を調べたら少なめで、その原因は精索静脈瘤という症状でした
生きていく分には何も不自由がなく、妊娠の確率が少し下がるだけで出来ないわけでもないというのですが、まあ治しとくかという軽いノリでした

「精索静脈瘤高位結紮術」という手術だったのですが、術後の苦しみはかなりのものでした。過去に盲腸をしたことがありますが切った長さはそれよりも長い。術後2ヶ月が経過した今でもまだ少し痛い
なお、費用的には18万円でした。健康保険が効くので実際の支払いは6万円

精子数が回復する確率は7割ぐらいで、結果は3ヶ月以上経たないとわからないということでまだわからないのですが、いずれにしろそのタイミングを見て人工授精にステップアップする方針です

妊娠確率は、先生がいうには大雑把にタイミング法5%、人工授精15%、体外受精25%、顕微授精35%らしいです。おそらく著者達の年齢も考慮に入れた数字で、二十歳ぐらいの夫婦であればもっと高いでしょう

費用的には人工授精3万円、体外受精30万円、顕微授精90万円。費用対効果で人工授精を選択します
来年中に出来たらいいなぁ
スポンサーサイト
  1. 2013/11/04(月) 17:41:23|
  2. 未分類

11/3

不妊治療したり沖縄にスキューバダイビングしに行ったりと忙しい毎日を送ってます。アオウミガメの群れに出会ってちょっぴり感動しました

年末商戦を前にしてなんとなくゲーム市場雑感

3DSは3度目の年末商戦を迎えて充実。国内外共に順調。ただし、PSPのオタ向け需要を引っ張り込むことに失敗して、Vitaの息の根を止めるには至らず。MH4発表時点で誘致攻勢かけとけば出来たような気がするのは外野から見た机上の空論なんでしょうか

VitaはMHを失ってもオタ向けソフトが出る循環が出来て住処を得た感。海外市場がなく、大きく売れるソフトもないのですが、地道に普及台数を増やしてマルチでもMHを引っ張れる環境を整えるしかない

WiiUはE3の時の印象が現実になった。コヤツはGC2ですよ
今世代はもうしょうがないので、GCを5年でチェンジしたように今世代は短くまとめて次

PS4とxbox oneは年末はとりあえずアーリーアダプタに売れるでしょう

国内市場を見ると、今年はソフトの販売本数の70~80%が携帯機向けになりました。もはや国内の据え置きは瀕死で、PS4の発売が欧米に遅れて最後発になるのもしょうがないところ。据置機の生き残りには携帯機と差別化した何かがいる
WiiUはお得意のパーティゲーで差別化といきたいけど、携帯機のマルチが当たり前の今、そのニッチな需要に生存(=ソフト供給の継続性)できるだけの市場規模があるかどうか。PS4はPS3同様、海外需要で流れてくる開発費をふんだんにかけたリッチなゲームが差別化要素でわかりやすいですが、それも必要十分に達していてこれからさらにニッチ化が進んでいくでしょうね

携帯機の性能が向上し、対戦ゲームもストレスなくできるようになった今、据え置き機はもういらないということなのかもしれません

そして、なぜ海外ではそういう流れにならずに日本だけがそうなのか。海外は家が広いからとかそんな一般論ではない新しい見解を誰か出してくれないものか
  1. 2013/11/03(日) 10:38:04|
  2. 未分類

プロフィール

TAKU

Author:TAKU
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (126)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる