fc2ブログ

マルガの湖畔

マルガの湖畔のブログ

12/4 2022年国内ゲーム市場雑感

めぼしいタイトル発売され尽くしましたので、クリスマスブーストを加味すれば今年の数字がだいたい計算できます
ファミ通のパッケージ集計ベースで…

400万本以上 ポケモンSV
350万本以上 スプラ3 
200万本以上 アルセウス
100万本以上 カービィディスカバリー
50万本以上 スイスポ、マリカ、マイクラ、マリパ、エルデン(マルチ合算)

概ねこんな感じになりました。長い目で見ると2011年以降は50万本ラインが概ね10位前後で安定していて、今年もそうでした。

それ以前は2010年が22位、2009年が16位、2008年が19位だったので、2011年以降の市場減退は明らかだったのですが、近年はDL率が上昇し、コロナで更に時計の針が進み、今では条件によりますがDL率3~6割です。
コロナ後のパッケージの数字を1.5~2.0倍すれば概ね2010年以前の水準に匹敵していることが確認できます。なので、今のゲーム市場はかなりの好調期です。

ただ…2010年のシェアはDSでも36%でWii、PSP、PS3と市場を4分割してましたが、2022年のシェアはSwitchが9割です。2021年も9割でした。

Switchのトップセラーはあつ森を筆頭に軒並みキャリアハイを大きく更新しており、次回作で維持することも困難なぐらい売れに売れてようやく2010年以前並みというはキツイ、伸びしろがない。結局PSのソフトが売れないことには市場規模はこれ以上増えない。

まあ集計カウント外のF2PやPCをいれるとまた違った形が見えてくるのでしょうけどね…

というとりとめのない雑感でした
スポンサーサイト



  1. 2022/12/04(日) 09:25:08|
  2. 未分類

12/2 ポケットモンスター スカーレット中盤レビュー

プレイ時間約30時間、メインの3つのシナリオ一端クリアまで。まだまだ先ありますが
ホゲータを選択し、進化したラウドボーンはLv63です

現時点での個人的評価は90点です
最終的にアルセウスを越えるか否か…個人的な今年のベストゲームは奇しくも両ポケモンに
なお、著者はポケモン世代でないため、本編はアルセウスを除けばルビサファ以来となります
なので色々前提知識が足りずに書いていることはご容赦ください

著者の考えるポケモンとは、ジャンルの体裁としてはRPGですが、普通のRPGがストーリー・システム・キャラのいずれか、あるいは複数が主役であるのに対して、ポケモンはポケモンの収集・育成が主役であり、ストーリー・システム・キャラ(人)は、収集育成を作業化させずに能動的に楽しく遊ばせるための場の提供であり、普通のRPGと主従関係が入れ替わっていると考えてます。

本作はシリーズ初のオープンワールド(以下OW)採用ということで、そのOWがポケモン収集育成をより楽しくするのかどうか?が注目点でした。

そして、その試みは大成功です。OWは、ともすれば積極的にマップのあちこちを歩きまわる理由を作れなかったら一本道と大差ないというか、より作りこめる一本道の方が良いんじゃないか?というケースがままあります。しかし、ポケモンの場合は無数のポケモンをマップ全域にちりばめるという当たり前の事をしておけば、そこに行く理由が出来るので相性抜群です。
その上で、テラスタルや、DQで言えば小さなメダル、ブレワイで言えばコログに相当するコレクレーも各所に配置されているので…

1. 次のポケモンセンター行くかー
2. あ、向こうにテラスタル発見、いってみよ
3. 新ポケ発見!あっちではアイテムが光ってる
4. 西に行くはずが南にいるじゃん、いかんダメージ溜まってきた
5. 建物跡!コレクレーだけ回収!
6. ファストトラベルで帰還
7. あれ?進んでなくね?でも楽しかった!
…という感じのプレイスタイルになります。ブレワイっぽいんですよ

ブレワイのように寄り道が楽しい時点でもう成功。OW化はポケモンにとって正常進化であり、更に新しい楽しさが追加されました。
ただし、アルセウスで復帰勢としては…ポケモンを捕まえるのはアルセウスの方が圧倒的に楽しいです。エンカウントとコマンドバトルの存在そのものがテンポが悪くて面倒に感じる。

捕獲システムがアルセウスだったら95点ぐらい行ったかな
  1. 2022/12/02(金) 14:49:23|
  2. 未分類

11/16 データから見る任天堂歴代ハード順位

任天堂の過去決算からデータ集積(~2022/9)
FCとSFCはソフト出荷数が未掲載なので割愛

 GB / N64 / GBA / GC 
*3243 / *554 / 1696 / *404 本体(1万台)
15608 / 3963 / 7298 / 2752 ソフト(1万本)
4.8 / 7.2 / 4.3 / 6.8 装着率(ソフト本数÷台数)

 DS / Wii / 3DS / WiiU / Switch
*3299 / 1275 / *2526 / *334 / *2696 本体(1万台)
21309 / 7570 / 13743 / 1535 / 17509 ソフト(1万本)
 6.5 / 5.9 / 5.4 / 4.6 / 6.5  装着率(ソフト本数÷台数)


ハード数順位 DS、GB、Switch、3DS、GBA、Wii、N64、GC、WiiU
ソフト数順位 DS、Switch、GB、3DS、Wii、GBA、N64、GC、WiiU
装着率順位 N64、GC、Switch、DS、Wii、3DS、GB、WiiU、GBA

昨年下期のSwitchの国内ソフト出荷本数は2601万本
年度内に約2億本となり、DS越えまで残り1千万本ほどとなります
装着率もN64抜くんじゃないかな
しかもこれDL専売ソフト含まない数字ですからね…
(パッケージ併売DLソフトは含む)

FC、SFC、PS1、PS2を入れても国内では最もソフトの売れたハードとなる見込みです
ハードの出荷台数が2000万台前後しかないので、装着率が少々高くてもおっつかないだろうと
ハードの方でDSを追い越せるかどうかは例の新型か後継機かの位置づけ次第
  1. 2022/11/16(水) 09:03:23|
  2. 未分類

10/20 スーパーマリオ3Dワールド+フューリーワールドレビュー

プレイ時間は3Dワールドが20時間強、フューリーワールドが約10時間の計30時間強
個人的評価は3Dワールドが73点+フューリーワールドで7点加点の計80点というところです

WiiUの原作はワールド6で放置しまして、あまり面白くないのはわかってました。3Dの軸ズレによりファイアが当たらないし、思ったのと違う角度に飛んで落下死のストレスが強いんですよね。マリオと言えばアスレチック面がお約束なんですが、正直なところ3Dとアスレチック面の相性は良くない。足場が広いと簡単すぎて、狭いと3D認識ミスによる理不尽な死がストレスになる。
しかし、娘が欲しがったので本作を買い与えて、同じくワールド6で挫折している姿を見て、これも縁かなということで再チャレンジする気になって今度はワールドスターまでたどり着きました。

後半になると軸ズレの対処方法もある程度つかめてきて、多彩なギミックとステージと物凄いボリュームで楽しく遊べたので評価を持ち直しました。WiiUの原作当時は65点ぐらいの印象でした。丁度今年遊んだカービィディスカバリーと真逆の評価で同じぐらいの点数。(3Dの課題クリアもボリュームとギミック不足で前半88点が最終81点)

フューリーワールドの方はオープンワールドの実験作?
広いマップでギミックを遊ばせるだけでは作業感が強く緊張感がなくなるという結論になったのか、クッパが頻繁に襲い掛かってくる制約でゲームとしてまとめた感じ。そして島毎にギミックを完結していてはエリア制と変わらない。
これはこれで安定の面白さがあるんですが、マリオもオープンワールドにしたら凄く面白くなる!という感触は得られませんでした。

マリオ映画に併せて新作が出るんじゃないかと思ってるんですが、果たしてどのような回答を出してくるか。
  1. 2022/10/20(木) 20:42:04|
  2. 未分類

10/16 PS5の100週経過でPS2~PS4と比較してみた

 PS5発売から100週経過し、11月には3年目に突入
 今なお転売に翻弄されるPS5ですが、その転売状況をデータから推定してみました。

 100週時点比較 本数はファミ通集計なのでパッケージのみ
 PS2 722万台 2271万本 装着率3.1
 PS3 237万台 424万本 装着率1.8
 PS4 227万台 567万本 装着率2.5
 PS5 171万台 104万本 装着率0.6
 ※PS5DEはカウントせず
 ※Horizon同梱2万本含む
 ※販売店が転売対策で抱き合わせたGT7同梱6万本含む

 SIEより国内のフルゲーム(パッケージ併売DL+DL専用+基本無料+フリープレイ)のDL率が6割超というデータが出ているので、DL分でざっくり5割増やしても装着率は1未満。同じく下位互換のあったPS3との比較で半分。
 後は購入0本で基本無料しかやってない人がどのぐらいいるかですが…

 現状ではほぼ半数が転売屋の手元か、海を渡ったと考えるのが妥当なラインなのかなというイメージです。
  1. 2022/10/16(日) 16:53:02|
  2. 未分類
次のページ

プロフィール

TAKU

Author:TAKU
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (220)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる